高齢出産のメリットはあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加


35歳以降の出産を高齢出産といいます。妊娠率や流産率、子供の障害などリスクばかり取り上げられますがメリットはあります。

高齢出産のメリット



  • 1、親の精神的余裕

  • 2、親の経済的余裕

  • 3、母親の若返り

  • 4、頭が良く怪我をしない健康な子供が生まれる

子宝.jpg
高齢出産のメリットとは?

精神的余裕

高齢出産では20代の頃よりも年齢を重ね母親の精神が安定しているケースが多いため、余裕を持って妊娠や出産・子育てができるとされています。実際に出産&育児に自信がないと答える世代は20代前半の母親に多いというアンケートも多く見受けられます。


逆に、30~40歳前後の母親は「ゆったりとした気持ちで出産&育児ができる」と答える人が多いようです。高齢ならではの豊富な人生経験や精神力が影響しているのでしょう。これは実は本当に赤ちゃん、ママにとって大きなメリットです。もちろん、個人差はあります。

経済的余裕

精神的余裕がみられる高齢出産も、体力面では若い頃に比べ劣るでしょう。育児は体力を使います。そんな時に若い時にはない「経済力」です。ベビーシッターや託児施設を利用するなど、体力面での不足を経済力で補うことができます。育児に専念できる経済的な余裕もメリットとなるでしょう。

若返り

さまざまな医学的リスクを抱える高齢出産は、肉体的に負担がかかることばかりと思われがちですが、高齢出産すると若返るという見方もあります。年齢とともに落ちていく女性ホルモンが妊娠すると急激に上がります。お肌もツヤツヤになり、冷えや体の不調もよくなるなどの声も多いです。


若い頃は妊娠しても基本的にホルモン値が高いので実感できないのでしょう。あとリスクを自覚している分、生活に気をつけて妊娠中を過ごされる方が多いため、生活も整い若返りにつながるのではないかと言われています。

頭が良く怪我をしない健康な子供になる

高齢出産が5歳までの子供の健康と成長に影響しているとイギリスで報告がありました。母親が高齢であるほど、治療が必要なほどの怪我をしないことがわかり肥満になりにくく、また社会的発達の問題も少なくなり、言語能力も高くIQも高い傾向にあるとのことです。


まとめ


高齢出産は流産リスク、胎児の奇形リスク、母体のリスク、早産リスクなど高まることは確かですが、その中で生まれた母体や生まれた子供にはメリットしかないのかもしれません。しっかり体のコンディションを整えるための妊活を行って、妊娠出産に備えたいですね。


あなたに合わせた不妊相談(無料)

徳島の不妊相談

不妊相談

はじめまして。カウンセリング させていただきます上田と いいます。お一人お一人の 生活スタイル、体質にあった ご提案をさせていただきます。

子宝カウンセラー
国際中医師・薬剤師

上田 昇平

プロフィールはこちら

〒771-1212
徳島市板野郡藍住町徳命字前須東49-1
フリーダイヤル:0120-75-7084
営業時間:9時~19時
定休日:月曜日、祝日