徳島の美味しいご当地グルメ10選

徳島は横に長く、海もあれば山もあり地域性がとても強く場所によってのご当地グルメがたくさんあります。以外と徳島県民でも食べれていないものもあるかもしれませんね。ぜひ全制覇目指してください!!

OY151013569678-thumb-autox1600-19636[1]
ご当地グルメを探して徳島を探索!

みどり薬店店主おすすめの徳島ご当地グルメ10選

まだまだ他にもご当地グルメはありますが、私が県外の人におすすめしたいグルメをご紹介させていただきます。

徳島ラーメン

非常に有名になったご当地ラーメンとして知っている方も多くいらっしゃるでしょう「徳島ラーメン」。すき焼きのような甘辛いスープに、チャーシューではなく豚のばら肉を甘辛く煮つけて最後に生卵をおとす。。。「本当にすきやき」のような感じ。

そのため多くの徳島県人がラーメンライスでの注文をする傾向があります。炭水化物のオンパレード♪(笑)非常に高い人気が県外問わずあります。

おすすめの有名店「いのたに」[食べログ]⇒http://tabelog.com/tokushima/A3601/A360101/36000011/

フィッシュカツ

魚のすり身にカレー粉を混ぜてパン粉で揚げたもの。私の小さい時は「カツ」といえばコレでした。徳島の竹ちくわと同じように「練り製品」です。

カレーに入れられたり(というかコレがカツカレーだと思っていました)、カツサンドのカツだったりと大活躍するおかずとして地元民に愛されています。スーパー・コンビニ・土産物屋といたるところに売られています。

私の好きなフィッシュカツ「谷ちくわ商店のかつ天」⇒http://www.tanishouten.co.jp/

鳴るちゅるうどん

名前からわかるように徳島県鳴門市のうどんで、全くと言っていいほどコシがなく、麺が均一ではなく不揃いで長ささえもまちまちなのが特徴です。讃岐うどんのようなコシを感じて食べるうどんを想像して食べると正直びっくりします(笑)。

ただきざみの揚げとネギだけのシンプルな具と共にうどんをちゅるちゅるとすするとお出汁と一体になるこの鳴るちゅるうどんのすごさに気づきます。
熱心なファンがどんどん増えていくのも納得のローカルフードです。

おすすめ有名店「大井食堂」[食べログ]⇒http://tabelog.com/tokushima/A3601/A360102/36000881/

そば米汁

徳島西部の祖谷地方の郷土料理で、高い山々の中で米が作れないためにそばが作られていましたが、そのそばの実を雑炊のように汁の中に入れて食べるのですがプチプチとした食感本当においしいお汁(雑炊)です。

全国でもそばの実をそのまま食べる風習は珍しく米というよりは麦に近いような風味がします。徳島県民でこれが好きじゃないという人には今のところ出会ったことがありません。

新鮮なっとくしま通信⇒http://www.pref.tokushima.jp/nattoku/taste/easy/sobagomejiru.html

豆天玉焼き

徳島県は甘党の人が多く、赤飯に砂糖をいれたりしたりバラ寿しに甘く煮こんだ「金時豆」をいれたりする食文化がありました。その金時豆をお好み焼きに小エビの天ぷらと共に入れたのが「豆天玉焼き」です。歯ごたえや金時豆の甘さがお好み焼きのソースに不思議と合います。

とくしま豆天玉.com⇒http://mametentama.com/

半田そうめん

徳島県つるぎ町の半田地区に伝わるそうめんで、そうめんにしては非常に太い!うちの横浜出身の奥さんはそうめんではなく細めのうどんかと思ったらしいです。特徴が「冷や麦よりコシがあり、うどんとは違う喉越し」という感じですね。

通常のそうめんの食べ方でいいですし、あっためても伸びにくくモチモチ感があるのでにゅうめんやパスタ風にして食べるのも美味しいですね。

半田製麺株式会社⇒http://handa-soumen.com/

たらいうどん

徳島県阿波市土成町の名産で、私の生まれた町とは隣町になります。江戸時代末期に地元のきこりが、谷を流れる川でうどんを茹でて、たらいにうどんを入れて、じんぞくと呼ばれる小魚でとった出汁で食べるといったことから始まったと言われています。

麺に卵が練りこんであり非常にコシが強く、現在も土成町の山間にたらいうどんのお店が数店舗ありますが溪谷の川をみながらたらいうどんを食べる事が出来るのも魅力になっています。

店主が良く行く「たらいうどん・一天」[食べログ]⇒http://tabelog.com/tokushima/A3603/A360301/36003886/

祖谷そば

徳島西部祖谷川の狭い山間地域(祖谷地方)の郷土料理で、この地方独特の寒暖差を利用したそばを使っています。特徴的なのがつなぎをほとんど使わないために切れやすく舌触りがザラッとしています。

ただこのそばは喉越しを味わうというよりかは、汁と一緒にそばを口の中にかき入れて香や風味を味わう家庭料理といった感じです。一般的なそばとの違いに驚きますよ。

有名店「祖谷そば・もみじ亭」[食べログ]⇒http://tabelog.com/tokushima/A3604/A360401/36000181/

はんごろし

名前がこわい。。。ですが、これは徳島県那賀町でつくられる「おはぎ」のことです。もち米とうるち米を餡で包んで黄な粉をまぶしている、味わい的にはやっぱりおはぎです。この名前がなかなかインパクトが強いため県外の人にうけます。徳島県民でも知らない人もいるかもしれませんね。

ちなみにはんごろしはもち米を半分ほどしかつぶさないことから言われているようです。

おでかけコロカル徳島編⇒http://colocal.jp/odekake/30915.html

でこまわし

またまやた祖谷地方から、こんどは「でこまわし」です。徳島の伝統芸能である人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)に似ているという事から「でこ(人形)」と名付けられた「ごうしいも」というこの地方の芋を使った味噌田楽です(里芋の場合もある)。

串焼きにしてくるくる回しながら焼くためにその名も「でこまわし」。よくかずら橋に行くと、鮎やヤマメの塩焼きと一緒にでこまわしが売られています。食べ歩きにどうぞ。

ふるさとれしぴ⇒http://deli-aurora.net/recipe/100172/

まとめ

いかがでしたか?私が思う一通りの徳島ご当地グルメの紹介でした。徳島県民であってもまだまだ奥深いB級グルメの数々。。。ぜひ食べてみてくださいね。

あなたに合わせた不妊相談(無料)

徳島の不妊相談

不妊相談

ブログの購読はFacebookページが便利です。

Facebookで「いいね!」をすることで、最新ブログ情報をいち早く手にする事ができます。今すぐ下のボタンをクリック!