妊活&不妊治療で妊娠した方の話を聞いて


当店で妊活・妊娠しやすい身体づくりをしながら不妊治療をしている方はかなり多いです。全体の半数近くが病院で不妊治療を受けていらっしゃいます
(実際にはそもそも不妊治療をしていて、結果がでないということで当店に来られる方が多いとは思います)

相談している中で不妊治療に対しての思いや葛藤を聞くこともあります。
金銭的な理由や夫婦の不妊治療に対しての考え方の違いなどすごく個別な事情などもある時も多いです。
妊活・妊娠しやすい身体づくりへの思いも含めて当店に来られていたAさんをご紹介します。

pak75_karutemitenayamu20141025131412_tp_v1
体験して至る思いを聞くことの意味は大きい

「やめよう」という思いと「続けたい」思いの間

不妊治療といってもタイミングから体外受精まで様々な段階があります。特に体外受精を何回も繰り返し妊娠された方の至る思いには考え方として本当に勇気や元気をいただく事が多いです。

その中で不妊治療を「やめたい」思いと「続けたい」思いの葛藤はよく聞くことがあります。いや、正確には続けたいというよりは「続けないといけない気がしている」といった方が正しいでしょう。
不妊治療を続けないと「努力をしていないような気がしてダメだと感じる」と言われていたAさん。
当店に最初来たときは本当に悲壮な表情でこられたのを覚えています。
Aさんは最初から漢方と不妊治療との合わせていきたいようでしたが私が、Aさんに対して3か月~半年間不妊治療をお休みし、妊娠しやすい身体づくりを提案した時に本当に「ホッとした」とその方は後に言われていました。

「単純に3か月~半年間、不妊治療を休むという提案なら受け入れなかったですが、単純に休む訳でなく不妊治療での妊娠率(もちろん自然妊娠も)を上げるための準備としてこの半年間を使えるという自分に対しての不妊治療を休む理由が出来たんです」とも。

本当は少し休みたかったという思いがあったようです。

それぐらい肉体的にも精神的にもゆとりがなかった時期だったようです。
行き当たりばったりではなく、その期間の意味や期限などを決めていく必要があるともいます。余計な迷いが生まれにくいのです。

Aさんの不妊治療期間は6年

不妊治療の平均期間が2年だといわれています。Aさんは当店に来られていたときに、体外受精を6回していて初期のタイミング療法から合わせると不妊治療歴は5年という状況でした。そこから約1年後に妊娠という事になりました。

精神的、肉体的疲労を積極的にとって半年後に半年前よりも圧倒的に妊娠しやすい状況に持っていくのだと当店でも様々な事に取り組んでいただけました。
ずいぶんとAさんの表情も柔らかくなったとご主人も喜んでいただけてたようです。
Aさん自身も体調が良くなっていくことによって体外受精をに対して前向きな気持ちになったようです。

Aさんには不妊専門クリニックを紹介

半年後に不妊治療を再開する病院についても気分を一新するために転院を考えられていましたので、不妊治療先の相談も受けさせていただきました。その中で実績のある有名不妊クリニックをご希望でしたので、大阪と神戸のクリニックをご紹介させていただきました。

なによりAさんのゆとりが生まれたことで、ご主人にもゆとりがでたとAさん自身が言われていました。Aさんも不妊治療だけでなくご主人に対して気遣いや思いやりができるようになり良い循環が生まれたようです。
県外への治療にいくのもご主人と予定が合う時はデート気分にしたり美味しいお店をまわったりとワザとに時間の余裕をつくって治療に望まれていました。

そして無事採卵し2回目の移植で妊娠反応がでました。わかったときに本当に信じられないといった心境で、妊娠がわかった時点では素直に喜べなかったと言われていました。
すごく共感できる感情ですね。

まとめ

命が育まれる状況はどういった状況でしょうか。緊張やストレスの中ではどれだけ最先端の技術をいれても命は育ちにくいと考えています。胎内が疲労物質やストレスホルモンだらけだと赤ちゃんもいやですよね。

当店が行う妊娠しやすい身体づくりは、身体だけでなく「ゆとり」をつくって母性を最大に発揮できるような意味合いも含みます。

ぜひ妊活や不妊治療は夫婦の一大プロジェクトと捉えて、専門家も交えて考えてみてください。客観的な意見や時間的な見通し、また夫婦の話し合いなどもうまくいくケースが多いでしょう。


あなたに合わせた不妊相談(無料)

徳島の不妊相談

不妊相談

ブログの購読はFacebookページが便利です。

Facebookで「いいね!」をすることで、最新ブログ情報をいち早く手にする事ができます。今すぐ下のボタンをクリック!