hmg注射についてのまとめ


不妊治療の時に必ず出てくるといっていいhmg注射。排卵誘発剤として有名ですね。不妊治療の時に知識として知っておきましょう。

sayapon20160312020517_tp_v1
不妊治療によく使われるhmg注射って?

閉経後の女性の尿から作られた「hmg」

hmgとは「ヒト閉経ゴナドトロピン」の事です。ゴナドトロピンとは脳下垂体から分泌される卵胞を育てるFSHや排卵を促すLHの事を指します。

FSHやLHは卵巣を刺激し月経周期をコントロールしているのです。
この卵巣を刺激するFSHやLHを閉経後の女性の尿から抽出したためにヒト閉経ゴナドトロピンというホルモン剤の名前になったようです。

hmg注射は卵胞を育てる目的で使われるので、現在はLHを排除したFSHだけの製剤も開発されています。

ゴナドトロピンを成分として卵胞を育てる目的なのがhmg注射ですが、そのままだと排卵しないこともあるのでLH作用をもつhCG注射をして排卵を起こします。これをhmg-hCG療法(ゴナドトロピン療法)といわれ強力な排卵誘発法として有名です。

クロミッド単独の場合よりもより排卵効果の高い排卵誘発剤ということですね。

体外受精の妊娠率向上に欠かせないhmg注射

クロミッドなどの経口での排卵誘発剤でもうまく排卵が起きない時や、無月経の場合に使用されますが、正常に排卵されている場合でも体外受精などで多くの卵子をを採取したい採卵の場合に使用されます。

より多くの卵子を採取し受精の可能性を上げるためです。今や体外受精には欠かせないモノとなっています。

hmg注射期間中に注意する事

hmg注射は筋肉注射になります。ですから痛みが心配な人も多いでしょう。痛みは注射してくれる看護師さんの腕にもよりますが、自分でできる事はあります。

  • 1hmg注射を受けるときはリラックスして力を抜く事
  • 2連日の注射で痛みやしびれがある場合は、打つ場所をずらしてもらう事
  • 3注射して後にしっかり揉む事

hmg注射は筋肉注射です。力が入っていると筋肉が固くなり痛みが強くなります。

また毎日注射をする場合も多いですが、その場合毎日の注射のせいでうっ血し痛みやしびれを軽く感じる事もあるでしょう。その場合は注射を打つ場所を変えてもらいましょう。

そして注射した後は薬液が迅速に吸収され、注射した部分の疼痛や硬結や炎症をなるべく防ぐために「よく揉んでくださいね」と言われた場合にはしっかり揉んでおきましょう。

確認しておきましょう。

hmg注射期間中に気にしてほしい3つの事

hmg注射は何のためにするか?

卵胞を大きく育てるためですよね。

つまりhmg注射をしている期間に関しては「卵胞の成長の妨げになるような事」はしない方がいいに決まっています。

基本的な事なのでおさえておきましょう。
(当然タバコやアルコールは止めておいた方がいいのはここでは省きます)

  • 冷え
  • 睡眠
  • ストレス

以上の3つです。ひとつずつ見ていきましょう。

冷え

体温以下の飲食をなるべく避けましょう。冷えを感じないように服装を気をつけましょう。冷えたものを温めるというエネルギーロスをなくすためです。

人の体温は36℃台で一定です。それ以下の飲食物が身体に入ると当然体温を一定に保とうと体は頑張ります。

その頑張るエネルギーがもったいないのです。服装も寒いと感じてしまう時点で体は体温を上げようとしますので、冷えを感じないような服装を心がけましょう。

睡眠

ホルモンバランスを整える事もストレスや疲労の回復も質の良い睡眠がなければ、成り立ちません。そこが不十分だと卵胞の成長がスムーズにいくことが難しくなります。

スマホやPCの画面を寝る前になるべく見ないようにして、11時までには布団に入り脳と身体をしっかり休めてください。

ストレス

薬をつかっていない状況では、激しいストレスがかかると1mmも卵胞が育っていかない場合もありえます。hmg注射を使っていたとしてもストレスの管理は卵胞を質良く育てようとしたときに非常に重要です。

「ストレスを受けないようにする」ということは現実的ではありませんので、自分がリフレッシュするために何が必要かを考えて気分転換に趣味や癒しや運動を積極的にこの期間にしていきましょう。

自分が「スッキリした」と思えれば非常に良い妊活となります。

すごく基本的なことですが、意外とできていない人が多いと感じます。

「当たり前のことをしっかりする」これが生活習慣を正すという事になります。

hmg注射をしていると体調のあまりよくない日も出てくる可能性があります。できる範囲で取り入れていきましょう。

多胎と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が代表副作用

hMGの多胎の発生率は15~20%と言われます。

OHSSは経口の排卵誘発剤(クロミッドなど)ではあまり起きません。直接卵巣を刺激するhmg注射では起きる可能性があり、卵巣が腫れてしまうことがあり腹水が溜まることもあります。
現在は副作用の発生をなるべく抑えるために厳重な管理のもとに投与される配慮がなされています。

まとめ

クロミッドなどの経口薬とは違い、hmg注射はお尻や腕に毎日筋肉注射をすることが多いので、身体的肉体的な苦痛があります。

ただより高い排卵誘発法として現在の不妊治療には欠かせないモノとなっております。
ただ効果が高い分副作用も起こりえますし、hmgで刺激を繰り返すと効かなくなってくる可能性がありますので、なるべくスムーズに妊娠できるように自分でできる事をしっかりやっておくという妊活の意識も取り入れましょうね。


あなたに合わせた不妊相談(無料)

徳島の不妊相談

不妊相談

ブログの購読はFacebookページが便利です。

Facebookで「いいね!」をすることで、最新ブログ情報をいち早く手にする事ができます。今すぐ下のボタンをクリック!